OUKITEL C17 Proを先行販売!89.99ドルで入手可能!っていうか…そもそもOUKITELって!?

スポンサーリンク

OUKITELがコスパの高い、エントリースマホを投入するようです。

モデル名は「OUKITEL C17 Pro」値段は先行販売で89.99ドルとエントリースマホの価格帯ですが、ミドルレンジの性能となっており、これが89.99ドルで手に入るなら… かなりお買い得ではないでしょうか。

スポンサーリンク

そもそも「 OUKITEL 」って何 ???

いわゆる中華スマホです。 HUAWEI、Xiaomi、OPPO、UMIDIGIなどは最近浸透してきていますが、OUKITEL ??? という方もいらっしゃいますよね。

OUKITELってこんなLogoだったんですね…

Oukitel は中華人民共和国の広東省深圳市 を拠点とする携帯端末メーカーです。特徴としては、 ハイエンドよりも、エントリースマホを得意としております。

また、素のAndroidの状態でリリースされており、不要なアプリだったり、UIをカスタイズしているOSよりもクセがなく使いやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

C17 Proのスペック表について

まず気になるのが、SOCですよね。MediaTek HelioのP23を搭載しております。新しいCPUではないですが、Antutuスコアが75000点前後なので、ギリギリミドルスペックかなというところでしょうか。

メモリは4GB、ストレージは64GBとなっております。100ドル以下だと、ストレージが32GBの端末もあるので、ここは頑張っているポイントですね。

この値段で3Dゲームをサクサク動くことを求める人はいないと思いますが、重たくないゲームなら普通に動くレベルでだと思います。

もちろんSDカードにも対応しておりますのでストレージの追加も可能です。

スポンサーリンク

トリプルカメラと パンチホール のディスプレイ

エントリーモデル(100ドル以下:先行販売時のみ)のスマホでトリプルカメラの時代なんですね。SONYセンサーの1300万画素カメラ、真ん中がDepth of Fieldカメラ、下部が広角カメラの構成です。

そしてこのカメラの特徴的なところがもう一つ。フロントのパンチホールに埋め込まれているカメラですね。500万画素となっております。

エントリー向けの端末でノッチではなく、パンチホール型は初めて見ました。

ディスプレイは6.35型ですが、1560×720のHD+なので、ここが残念ポイントですね。

スポンサーリンク

その他の仕様について

・バッテリーは3,900 mAhの大容量ですので、普通に使っていれば1日は十分持ちます。

・指紋センサーも搭載(背面)しております。

・充電はType-Cとなります。エントリーモデルの場合Micro USBもまだまだ多い中、 Type-C を搭載してきたことは評価できます。オーディオジャックの搭載はなしです。

スポンサーリンク

まとめ

通常は、価格は139.99ドルで販売されているモデルが50ドルの値下げで89.99ドルなので、かなりお買い得です。

とはいえ、やはりエントリーモデルなので、過度の期待はできません。

っというかしてはいけません。

しかしこの価格で、SOCがP23、ストレージも64GB、トリプルカメラ、パンチホール型のディスプレイ搭載なので、かなりコストパフォーマンスはいいと思います。

もちろんメインスマホとしても全然問題ないですし、サブ端末としてもOKだと思います。

以下リンクで89.99ドルで購入可能です。売り切れる前に急げ!!!

https://www.aliexpress.com/item/4000053074135.html
Twitterフォローをお願いします

コメント